DESIGNER PROFILE
DESIGNER PROFILE

丸山 敬太

ファッションデザイナー。1965 年東京・原宿生まれ。1987 年に文化服装学院ファッション工科・アパレルデザイン科を卒業後、BIGIグループの「キャトルセゾン」に入社し、「アツキ・オオニシ」の企画デザイナーを務める。1990年に独立し、学生時代から取り組んでいたコスチュームを中心に、フリーデザイナーとして、DREAMS COME TRUEをはじめ、多くのミュージシャンやタレントのステージ衣装やTVやCMでのデザインを手掛けたことが話題となる。ブランド立ち上げと同時に、94-95秋冬東京コレクションに「KEITA MARUYAMA TOKYO PARIS」として初参加し、メンズ・レディースの両ラインを発表。1996年、第14回毎日ファッション大賞新人賞、資生堂奨励賞を受賞、東京・青山に旗艦店をオープン。1997 年には、98春夏パリコレクションにて、レディースコレクションを発表。2012年、日本航空(JALグループ)客室乗務員・地上接客部門の制服デザインを手掛け、2014年ブランドデビュー20周年を迎える。2020年にはK.M Design Studio を設立し、代表取締役に就任。近年は、自身のブランド活動だけに留まらず、ファストファッションから制服やブランドプロデュースに加え、ファッションの枠を超えて、“食”や“住”への活動の場を積極的に広げている。また、2.5次元と呼ばれるゲームやアニメーションへのデザイン提供や、舞台美術、盆踊りのプロデュースなど、ファッションの可能性を常に多角的な視線で捉えている。

HISTORY

1994年

’94 -’95秋冬東京コレクションにて「KEITA MARUYAMA TOKYO PARIS」としてデビュー (FEMME・HOMME発表)

1996年

第14回毎日ファッション大賞新人賞、資生堂奨励賞を受賞
東京、青山に旗艦店オープン

1997年

’98春夏パリコレクションデビュー

1998年

FECデザイナー賞受賞

2002年

『花の手仕事』を文化出版局より出版

2004年

デビュー10周年を迎える

2005年

パリに初のショップをオープン

2007年

’08春夏パリコレデビュー10周年を迎える

2009年

ウェディングドレスライン「Wedding Dress KEITA MARUYAMA」スタート

2012年

上質なクリエイションにこだわった1ランク上の新ブランド「KEITA MARUYAMA(ケイタ マルヤマ)」を発表

2013年

日本航空(JALグループ)客室乗務員・地上接客部門の制服デザイン

2014年

ブランドデビュー20周年を迎える