TEXTILE MUSEUM vol.2

2021年10月19日

TEXTILE MUSEUM vol.2

EXTILE NAME#2 Oriental Flower

 

FEATURE COLLECTIOIN

2004 SS COLLECTIOIN 

―One-piece―

 

 

IMAGE WORDS OF COLLECTON

 

 

THE STORY OF TEXTILE


このコレクションは“One-piece”というテーマで、コーディネートをスタイリングしているように見えるルックも、すべて繋がっていて、1枚のワンピースとして仕立てられています。実験的なことをしてみたかったんでしょうね。

実際には、コレクションを見たバイヤーさんやお客さんからは、上下バラバラに販売してほしいなんて声が多く上がり、あまり実験の効果はなかったのもいい思い出(笑)。

KEITA MARUYAMAのアイコン的な柄のひとつとなっている“Oriental Flower”は、このコレクションでチャイナドレスの形で登場しました。

 


クリニャンクールのヴィンテージショップのひとつに、お洒落れマダムの店って勝手に呼んでる、とても素敵なお店があるんです。

そこで見つけたのが、ボロボロになったシノワズリな雰囲気のヴィンテージの布の小さな小さな切れ端。その布のもつ雰囲気がとても好きで、KEITA MARUYAMAらしくリプロダクションしたら…というテーマでつくりました。絵柄を描いたのは、#1でもお話した田中さん。

原画はノスタルジックな色合いで描いてもらいましたが、このコレクションでは、ベージュと鮮やかなブルーの地の、つるっとしたサテンの生地に仕立てました。


その後、“Oriental Flower”はバージョンアップした版も登場しているんですよ。