「春はあけぼの夏は夜」
誰もが一度は耳にしたことがあるこのフレーズは、平安中期に清少納言が執筆した、日本三大随筆ともいわれる『枕草子』の冒頭に出てくるもの。
「春は日の出のころ、夏は夜、秋は夕暮れ、冬は早朝が美しい」と、それぞれの季節で一情趣あふれる時間を記しています。
今回のコレクションでは、改めて日本の四季の美しさを見つめなおし、KEITA MARUYAMAらしく百花繚乱に表現。
春は満開の桜がもつ、霞がかったような雰囲気を、夏は夜のもつ妖しさや、昼間のほてりを鎮めるような夕涼みの晩をイメージ。
コレクション全体を通して、日本の伝統色の重ねや柄を散りばめ、幻想的な世界へ誘います。





 













































「春はあけぼの夏は夜」
誰もが一度は耳にしたことがあるこのフレーズは、平安中期に清少納言が執筆した、日本三大随筆ともいわれる『枕草子』の冒頭に出てくるもの。
「春は日の出のころ、夏は夜、秋は夕暮れ、冬は早朝が美しい」と、それぞれの季節で一情趣あふれる時間を記しています。
今回のコレクションでは、改めて日本の四季の美しさを見つめなおし、KEITA MARUYAMAらしく百花繚乱に表現。
春は満開の桜がもつ、霞がかったような雰囲気を、夏は夜のもつ妖しさや、昼間のほてりを鎮めるような夕涼みの晩をイメージ。
コレクション全体を通して、日本の伝統色の重ねや柄を散りばめ、幻想的な世界へ誘います。